主徴(読み)シュチョウ

大辞林 第三版の解説

しゅちょう【主徴】

おもな症状。 「高熱と昏睡を-とする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐ちょう【主徴】

〘名〙 おもな特色。おもなしるし
※薩長土肥(1889)〈小林雄七郎〉四藩気質「余輩は余輩が認めて四藩気質の主徴と為す者に取て一々其符号を下して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主徴の関連情報