主徴(読み)シュチョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐ちょう【主徴】

〘名〙 おもな特色。おもなしるし。
※薩長土肥(1889)〈小林雄七郎〉四藩気質「余輩は余輩が認めて四藩気質の主徴と為す者に取て一々其符号を下して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報