コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンドンクラブ ロンドンクラブLondon Club

1件 の用語解説(ロンドンクラブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンドンクラブ
London Club

途上国の債務問題に関する非公式協議機関。パリクラブと称される公的債務(→公的債務問題)をめぐる債権国会議に対し,ロンドンで開催されることが多い商業銀行を中心とする民間債権者会議をロンドンクラブと呼び,債務返済繰延べや再融資に関する実質的な協議が行なわれる。これらとは別に,発展途上国債務についての公式協議の場としては,対象国別の協議グループ CG,援助国会議(→援助調整),国際借款団などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone