コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

債務危機 さいむききdebt crisis

知恵蔵の解説

債務危機

発展途上国の政府 ・ 公的部門が海外から外貨で借入した債務が累積し、元利金の支払いが不能になって(債務不履行)、国内で急激な経済不況や社会不安が生じたり、国際的な金融不安が高まること。一般に、輸出額に対する元利返済額の比率(DSR=デット・サービス・レシオ)が20%を超えると危険水準に陥るといわれる。対外借入は貿易赤字や開発資金需要を補填するために行われるが、債務の返済が順調であれば、借入それ自体は問題ではない。だが、石油危機を契機に世界経済が長期的に低迷する中で、1982年8月にメキシコで債務危機が発生し、その後、ペルーやブラジルにも波及して、国際社会に大きな衝撃を与えた。

(室井義雄 専修大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

債務危機の関連キーワード環大西洋貿易投資パートナーシップエマージング・マーケットジャック ドラロジエールクリスティーヌ ラガルドヨーロッパ戦略投資基金ニュー・パッケージアンデス自由貿易圏ギリシャの債務危機ヨーロッパ投資銀行スーザン ジョージイギリスのEU離脱ヨーロッパ投資計画社会主義国際分業アフリカ開発銀行ヨーロッパ委員会途上国の債務対策ジャック アタリ緊急流動性支援ブラジルの奇跡債務返済繰延べ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

債務危機の関連情報