債務返済繰延べ(読み)さいむへんさいくりのべ(英語表記)rescheduling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

債務返済繰延べ
さいむへんさいくりのべ
rescheduling

債務者が取引後の経済情勢の変化などによって債務履行が困難となったとき,債権者との合意に基づき,元本および利息の支払期日の繰延べ,もしくは返済条件の変更を行うこと。リスケジューリングともいう。国際金融取引において最初にとられる債務者救済手段である。 1982年8月のメキシコの債務危機をはじめとしてラテンアメリカ諸国などの大口債務国で対外借入れの返済難が多発し,これら債務国に対する債務返済繰延べが頻繁に行われるようになった。しかしこうした措置は単なる一時しのぎにすぎず,累積債務問題解決には新たな措置が必要との考え方が有力である。日本が政府ベースでこれを行なった国はトルコ,フィリピン,エクアドルなどである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android