コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンボク[島] ロンボク

2件 の用語解説(ロンボク[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ロンボク[島]【ロンボク】

インドネシア中部,小スンダ列島に属し,バリ島の東隣にある島。北部にはリンジャニ山(3726m)がそびえるが南麓には広いサバンナが展開。牧畜が盛ん。米,藍,コーヒーも産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ロンボク[島]【Pulau Lombok】

インドネシア中部,小スンダ列島に属する島で,東にスンバワ島,西にバリ島がある。ほぼ方形をなし,面積4990km2,人口約150万。北半はバリ島からの火山脈が延び,最高峰のリンジャニ(3726m)をはじめナンギ(2330m)などの火山がそびえる。その南麓は広い平野となり,また島の南部には石灰岩山地(最高点716m)が現れ,地形的にはバリ島と類似した構造を示す。気候的にはバリより乾燥度が強く,所々にサバンナ景観をみる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のロンボク[島]の言及

【住居】より

…中部ジャワおよび東ジャワにおける伝統的住居は一般に,その屋根形状によってジョグロ,リマサン,シノム,カンポンの四つに類型化される。
[ヒンドゥー文化の影響]
 インドネシアのバリ島およびロンボク島の一部は唯一ヒンドゥー文化を色濃く保持しているので知られ,住居・集落にもバリ・ヒンドゥーの原理が生きていてきわめて特異である。ヒンドゥー教の影響の有無によってバリ・アガ,バリ・マジャパイトの二つに住居形式を分けるのが一般的である。…

※「ロンボク[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロンボク[島]の関連キーワードアラフラ海インドネシア語インドネシア語派ジャワ語小スンダ列島ティモール島フロレス島スンダ列島大スンダ列島印度尼西亜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone