コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローセル Laussel

世界大百科事典 第2版の解説

ローセル【Laussel】

フランス南西部,ドルドーニュDordogne県にある旧石器時代の遺跡。1894年にフランスのリビエールE.Rivièreが,1908‐14年にフランスのラランヌJ.G.Lalanneが発掘し,4個の女性浮彫(いわゆる〈ビーナス像〉)と1個の男性浮彫が出土した。有名な〈角杯をもつビーナス像〉(高さ40cm)をはじめ,女性浮彫はすべて裸で,乳部,腹部,臀部が著しく強調されている。二つの頭部が反対方向を向く像について,ラランヌは性交または出産をあらわすといい,S.ギーディオンは両性具有像であるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のローセルの言及

【先史美術】より

洞窟美術
[岩陰美術]
 岩陰美術(浮彫)はフランス南西部のドルドーニュ地方とシャラント地方に多い。オーリニャック期のものとしてはローセルの数点の女性裸像があり,これは乳房,腹,臀が著しく強調されて,出産の呪術に関連すると考えられる。ソリュートレ期はル・ロック・ド・セールの,圧倒的な量感を示す諸動物の浮彫があり,その大部分は身重の雌である。…

※「ローセル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローセルの関連キーワードステアトパイガス像オーリニャック文化マイクロマシンメーラレン湖グージョン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android