ロードス島の騎士団長の宮殿(読み)ロードスとうのきしだんちょうのきゅうでん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ロードスとうのきしだんちょうのきゅうでん【ロードス島の騎士団長の宮殿】

ギリシアのロードス島、中心都市ロードスの旧市街で最も高いところにあるアポロの古代神殿跡に建つ中世宮殿。14世紀に、聖ヨハネ騎士団城壁の北西側の一部を騎士団長の居館として改修して建てられた。その後、内部は改修されて今日に至った。古代のモザイクの床は建設当時のものである。18世紀のタペストリー壁面を飾る審議の間、大包囲戦の攻防を描いたフレスコ画などのある最高審議の間などがあり、数々のアンティーク家具などが見どころとなっている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android