ローヌ・プーラン[会社](英語表記)Rhône‐Poulenc S.A.

世界大百科事典 第2版の解説

ローヌ・プーラン[会社]【Rhône‐Poulenc S.A.】

フランス最大の化学工業グループの持株会社。本社パリ。1858年プーランÉtienne Poulencによって化学薬品を作るためにリヨンに創業された小さな薬局が前身。95年リヨンにある似たような会社と合併,Société Chimique des Usines du Rhôneとして設立され,染料,薬品などを生産した。1910年に染料から手を引き,プラスチック部門に進出,28年Établissements Poulenc Frèresと合併,パリに本社を置くSociété des Usines Chimique Rhône‐Poulencが設立された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android