ローブモンタント

精選版 日本国語大辞典「ローブモンタント」の解説

ローブ‐モンタント

〘名〙 (robe montante モンタントは「(が)高い、立ちあがった」の意) 男子のフロックコートに相当する婦人用礼服の一種。この服の襟が身頃から高くせりあがっているところからの名。手首まであり、や胸はおおわれ、すそはまである。
[補注]「現代青年処女の作法〈玉井広平〉五」(一九二四)には、「『ローブドモンタント』は、胸の辺が少し開いたのもあれば、又開かないのもあり」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ローブモンタント」の解説

ローブ‐モンタント(〈フランス〉robe montante)

女性用礼服の一種。襟が身頃みごろから高くせりあがっていて、そでは手首まであり、肩や胸は覆われて、すそは床まである。昼の正装とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android