ローブモンタント

精選版 日本国語大辞典 「ローブモンタント」の意味・読み・例文・類語

ローブ‐モンタント

〘名〙 (robe montante モンタントは「(襟が)高い、立ちあがった」の意) 男子フロックコートに相当する婦人用礼服の一種。この服の襟が身頃から高くせりあがっているところからの名。袖は手首まであり、肩や胸はおおわれ、すそは床まである。
[補注]「現代青年処女の作法〈玉井広平〉五」(一九二四)には、「『ローブドモンタント』は、胸の辺が少し開いたのもあれば、又開かないのもあり」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ローブモンタント」の意味・読み・例文・類語

ローブ‐モンタント(〈フランス〉robe montante)

女性用礼服の一種。襟が身頃みごろから高くせりあがっていて、そでは手首まであり、肩や胸は覆われて、すそは床まである。昼の正装とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android