コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロープクラウド rope cloud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロープクラウド
rope cloud

気象衛星画像で,細いひものように見える雲列。実際の幅は 10~30km程度の細くて長い積雲の雲列であり,これを形状からロープクラウドと呼ぶ。長さは 1000km程度であるが,2000~3000kmにも及ぶものもある。日本付近ではおもに海上で前線に沿って発生し,雲バンド(帯状の雲)の暖気側に沿って見られる。このロープクラウドを挟んで風や温度が不連続に変化するため寒冷前線に対応することが多い。また,前線活動が弱まったときによく見られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android