コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマン・ガラス Roman glass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローマン・ガラス
Roman glass

ローマ時代にローマ帝国領内で作られたガラス器の総称。前1世紀中頃にシリアで発明された吹きガラス技法によって,従来コア・テクニックや型押し成形法 (→エジプト・ガラス ) が大きく変化し,大量生産が可能となって,器種も自由に成形されるようになった。この技術は1世紀初めにイタリアに伝わり,3~4世紀頃には今日使われている各種技法のほとんどが用いられていた。色ガラスも発達し模造宝石まで作られたが,無色透明のガラスを作ることは至難であったと思われる。ローマ帝政時代にガラス工業はめざましい発展をとげ,従来,高価な宝物であったガラス器は日常品となり,値段も暴落した。シリアやエジプト,イタリアなどで作られたガラス器は貿易商品として世界各地へ送り出され,東方では日本,中国,朝鮮半島古墳からも出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ローマン・ガラスの関連キーワードローマ=ゲルマン美術館アリカメドゥ遺跡シリア・ガラスガラス工芸

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android