ローレンツの分子電場(英語表記)Lorentz molecular electric

法則の辞典の解説

ローレンツの分子電場【Lorentz molecular electric】

微視的に個々の分子や原子に働く電場のことを分子電場という.巨視的な電場 E′ と電気分極 P の関数として次のように表せる.

分子電場 EE′+γP

ローレンツはこの γ の値が立方晶系ならば4π/3であることを示したので,E′ +(4π/3)P で表される分子電場を,ローレンツの分子電場と呼んでいる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android