コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイマールのシラーの家 ワイマールのシラーのいえ

1件 の用語解説(ワイマールのシラーの家の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワイマールのシラーのいえ【ワイマールのシラーの家】

ドイツ中央部、テューリンゲン州ワイマール(Weimar)にある、同国の文豪シラー(Johann Christoph Friedrich von Schiller、1759~1805年)が住んだ家。ワイマール中央駅から1.5km、徒歩で20分ほどの場所にある。バスも利用できる。シラーは、ゲーテと双璧をなすドイツ古典主義の代表で、ザクセン=ワイマール公国の首都だったワイマールを拠点に、詩人、歴史学者、劇作家、思想家として活躍した。この家は、シラーが1802年に購入し、1805年に亡くなるまで住んだ家である。建物は1986~1987年に改修されたが、室内は当時の状態で残されている。シラーの作品や彼に関する資料を所蔵する博物館が併設されていて、展示を行っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイマールのシラーの家の関連キーワードチューリンゲンワイマールワルトブルク城ロートリンゲンウェンゲンエリザベート教会クレーマー橋クレクリンゲンヘルダー教会チューリンガー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone