コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双璧 ソウヘキ

デジタル大辞泉の解説

そう‐へき〔サウ‐〕【双璧】

一対の宝玉。
ともにすぐれていて優劣のつけがたい二つのもの。「現代画壇の双璧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうへき【双璧】

〔「北史陸凱伝」より。「璧」は宝玉の意〕
優劣をつけられない二つのすぐれたもの。両雄。 「日本文学の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

双璧の関連キーワードフランク:プレリュード、コラールとフーガ ロ短調/piano solo杵屋 五三郎(1代目)ローリングストーンズ杵屋 五三郎(初代)嵐七五郎(初代)アルマニャックトルバルセン飯島 ひろ子河東碧梧桐石濤・石涛鹿都部真顔加藤土師萌佐々木惣一菊平 琴声菊森 琴線河井武一ベイシー岡本豊彦絶海中津日本文学

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

双璧の関連情報