コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッタース朝 ワッタースちょう Wattās

1件 の用語解説(ワッタース朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワッタース朝
ワッタースちょう
Wattās

北アフリカ,ベルベル人の一種族,ワッタース族 (バヌー・ワッタース) により樹立された王国 (1472~1549) 。首都はモロッコフェスマリーン朝の家臣として力のあったワッタース族が,同朝の衰亡によって実権を握り樹立した王国で,北のポルトガル,東のイドリース朝の両勢力と対抗した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のワッタース朝の言及

【モロッコ】より

…正式名称=モロッコ王国al‐Mamlaka al‐Maghribīya∥Kingdom of Morocco面積=45万8730km2(西サハラを除く)人口(1996)=2673万人首都=ラバトal‐Rabāt(日本との時差=-9時間)主要言語=アラビア語,ベルベル語通貨=ディルハムDirham北アフリカ(マグリブ地方)の独立国。
【自然,住民】
 アフリカの北西端にあり,北は地中海,西は大西洋に面している。…

※「ワッタース朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワッタース朝の関連キーワードベルベラティベルベル語ベルベル人ホワイトアフリカアマジグ汎アフリカ主義北阿アフリカデーベルベル諸語ハッサーン・ブン・アンヌーマーン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone