コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットチャイワタナラム ワットチャイワタナラム Wat Chai Watthanaram

1件 の用語解説(ワットチャイワタナラムの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットチャイワタナラム【ワットチャイワタナラム】
Wat Chai Watthanaram

タイ中部、古都アユタヤチャオプラヤ川のほとりにある寺院。アユタヤは11世紀頃にクメール人により建設されたアユタヤ王朝(1351~1767年)の首都だった町で、この寺院は17世紀にプラサトン王により建てられた。ビルマミャンマー)との戦争で破壊された首のない仏像が1列に並んでいる。規模の大きな寺院遺跡で、クメール様式のパゴダ(仏塔)がそびえ、とくに夕景が美しい。また、19~21時にはライトアップされ、幻想的な夜景も楽しめる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワットチャイワタナラムの関連キーワードアユタヤアユタヤ朝チャオプラヤー川メナム川ロッブリーチャオプラヤアユタヤ世界遺産の祭典メナム[川]ナコーンパトム古都アユタヤ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone