コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットチャイワタナラム ワットチャイワタナラムWat Chai Watthanaram

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットチャイワタナラム【ワットチャイワタナラム】
Wat Chai Watthanaram

タイ中部、古都アユタヤチャオプラヤ川のほとりにある寺院。アユタヤは11世紀頃にクメール人により建設されたアユタヤ王朝(1351~1767年)の首都だった町で、この寺院は17世紀にプラサトン王により建てられた。ビルマミャンマー)との戦争で破壊された首のない仏像が1列に並んでいる。規模の大きな寺院遺跡で、クメール様式のパゴダ(仏塔)がそびえ、とくに夕景が美しい。また、19~21時にはライトアップされ、幻想的な夜景も楽しめる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone