ワディナトルーン(英語表記)Wadi Natrun

デジタル大辞泉の解説

ワディ‐ナトルーン(Wadi Natrun)

エジプト北部の町。首都カイロアレクサンドリアの間にある同名の涸れ谷に位置する。名称は天然の炭酸ナトリウムを産することに由来する。聖ビショイ修道院聖マカリオス修道院ローマ修道院シリア修道院をはじめとするコプト教会ゆかりの地として知られる。ワディ‐エル‐ナトルーン。ワディ‐イン‐ナトルーン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android