コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワリンスキ Waryński, Ludwik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワリンスキ
Waryński, Ludwik

[生]1856.9.24. ウクライナ,マルティヌフカ
[没]1889.3.2. ペテルブルグ,シュリッセルブルク
ポーランドの社会主義者,革命家。ウクライナのポーランド系貴族の出身。ペテルブルグ大学に遊学中,西ヨーロッパの社会主義文献に接し,ポーランド人革命家グループに参加。 1878年ワルシャワに抵抗基金を創設,階級闘争と国際連帯を強調したポーランド最初の社会主義綱領 (いわゆるブリュッセル綱領) を起草。オーストリア領ポーランドにおもむき,79年クラクフで逮捕。翌年の裁判闘争で名声を博し,34名の同志とともに無罪放免。ジュネーブに出て『平等』誌の共同編集人となり,民族解放よりも社会革命,国際連帯重視の論陣を張って B.リマノフスキと対立。 81年帰国。翌 82年ポーランド最初の社会主義政党,国際社会革命党「プロレタリアート」を創立。労働者のストを組織するなど活発な活動を展開したが,83年逮捕,16年の懲役刑を宣告され,4年後獄死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ワリンスキの関連キーワードプロレタリアートペテルブルグ

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android