コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルタ川 ワルタがわWarta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルタ川
ワルタがわ
Warta

ポーランドの西部を流れる川。オドラ (オーデル) 川右岸の最大の支流。全長 808km。クラクフチェンストホーワ高地のザウィエルチェ付近に源を発して北に流れ,西ポーランド平原を貫流してコストシン付近でオドラ川に合流。おもな支流にプロスナ,オブラ,ウィダフカ,ネル,ウェウナ,ノテチなどの諸川がある。流域にチェンストホーワ,シェラツ,コウォ,コニンポズナンゴジュフウィエルコポルスキの各都市が発達。コウォの下流は航行可能で,ノテチ川およびビドゴシュチ運河によりウィスワ川とも結ばれ,水運に利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワルタ川の関連キーワードウィエルコポルスカポーランド語北ドイツ低地オーデル川ポズナニ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android