コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルラウ族 ワルラウぞくWarrau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルラウ族
ワルラウぞく
Warrau

ベネズエラのオリノコ川河口に住む遊動的狩猟採集民。ガラウ族 Garauともいう。野生のテングヤシが重要な食糧源であるほか,繊維を利用してハンモック,衣服などをつくる。母系の親族関係を中心とする発達した社会組織をもち,神官階級,神殿も存在する。独立した言語をもつが,文化的には,環カリブ海文化や熱帯雨林型村落文化などの影響を受けた混合文化を形成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ワルラウ族の関連キーワードベネズエラ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android