コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会組織 しゃかいそしき social organization

4件 の用語解説(社会組織の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会組織
しゃかいそしき
social organization

一定の目的のため社会成員の活動が,機能遂行上一定の形式において配置されることにより成立する組織。しかし単に成員の配置だけでなく,さらに専門分化の原則と秩序維持のための社会統制が必要となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゃかい‐そしき〔シヤクワイ‐〕【社会組織】

社会において、人々が何らかの目的をもってつくる一定の結びつきやきまり。また、そのように組織化された集団。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゃかいそしき【社会組織】

共通の目的を達成するために、社会の諸要素を一定の秩序のもとに有機的に構築した体系。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会組織
しゃかいそしき
social organization

社会組織とは集団や社会を秩序づけるための組織をいう。いかなる集団も社会も存続するためには一定の秩序としての組織を必要とする。このことをもうすこし詳しく説明すれば、次のようにいうことができる。すなわち、社会組織とは、たとえば職場におけるインフォーマルな仲間集団のように比較的小さな集団から、学校、病院、工場、そして全体社会にまで至る、あらゆる大きさの集団をそれぞれ構成している諸要素ないし諸部分(人、物、情報)が、それぞれ一定の共同の関心ないし目標を追求するために、一定の規則や慣例などに従って、多かれ少なかれ継続性をもって有機的に相互に関係づけられている状態のことである。いいかえれば、集団は人と人との関係から成り立ち、組織は人が行う役割関係から成り立つ。集団は組織によって形成され、秩序づけられている。
 このように社会組織という概念は、対人的な2人関係の維持から、複雑な全体社会の維持のためのメカニズムとして用いられる。しかしとくに重要なことは、大きさの大小にかかわらず、集団や社会の存続を可能にする社会組織は、その集団や社会を構成している人々の秩序維持への意識的努力に依存しているということである。すなわち、社会組織は自然発生的に成立するものではなく、人々の社会秩序維持への意図的努力として形成されるのである。もちろん社会組織のあり方は集団や社会の大きさ、時代的背景としての文化やテクノロジーなどによって異なってくる。とりわけ現代社会の社会組織のあり方はテクノロジー・システム(とりわけコンピュータ・ネットワーク)のあり方に大きく影響を受けている。[佐藤慶幸]
『C・H・クーリー著、大橋幸・菊池美代志訳『現代社会学大系4 社会組織論』(1970・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会組織の関連キーワード社団政治結社連盟基金規程協会合目的組織的国人一揆補助費

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会組織の関連情報