コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンストップ・サービス

2件 の用語解説(ワンストップ・サービスの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ワンストップ・サービス

10月に発表された政府の緊急雇用対策で、貧困・困窮者支援の目玉として導入された。ハローワーク自治体社会福祉協議会などに分かれている様々な支援窓口を1カ所にまとめて、失業者が利用しやすくするのが狙い。ただ、住宅手当生活保護は相談だけで、実際の申請は自治体などに行く必要がある。11月30日に全国77カ所で試行され、今月14日から全国のハローワークで順次実施されている。

(2009-12-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワンストップ・サービス
わんすとっぷさーびす

一度の手続で、必要なことすべてを完了できるように設計されたサービス。とくに、さまざまな行政サービスを1か所で一度に受けられる「ワンストップ行政サービス」のことをさす場合が多い。日本では郵便局で住民票や登記謄抄本のファクシミリによる交付申請ができるが、これに加えて情報端末を設置して各種のサービスを一括して申請できるようにする。将来的には在宅介護派遣の申込みや、図書館スポーツ施設の利用申込みなどにも使うことが構想されている。アメリカではすでに郵政公社インターネットを活用して、引っ越し職業紹介などの手続を1か所で処理できるようにするサービスを行っている。
 鳩山由紀夫内閣では公共職業安定所(ハローワーク)での職業紹介のほか、住まいの情報提供、生活保護手続も可能にするワンストップ・サービスを実現する方針を固め、2009年(平成21)の11月、12月に全国のハローワーク(11月77か所、12月204か所)で「ワンストップ・サービス・デイ」を実施した。[辻山幸宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワンストップ・サービスの関連キーワード雇用対策法完全失業率藩閥政府改正雇用対策法初回雇用契約(CPE)特定地域開発就労事業ETCを使った通行料金の割引制度政府による介護分野の雇用対策若者の雇用対策雇用対策

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワンストップ・サービスの関連情報