コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワークプレイスラーニング ワークプレイスラーニング

1件 の用語解説(ワークプレイスラーニングの意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

ワークプレイスラーニング

ワークプレイスラーニングとは、「働く現場における学習」のことです。個人のスキル向上と組織パフォーマンスの改善を目的とした学習の仕組みをつくり、日々の実務のプロセスに組み込むことによって、高い学習効果を実現します。人材の能力開発に有効な手段として注目されています。
(2007/10/22掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワークプレイスラーニングの関連キーワードロードワークe-ラーニングアクアプレーニングwebラーニングテレラーニングボイストレーニングモーニングシャワーランニングプレーディスタンス・ラーニング/イーラーニング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワークプレイスラーニングの関連情報