コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーフ広場 ワーフひろば

1件 の用語解説(ワーフ広場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワーフひろば【ワーフ広場】

オランダの首都アムステルダム北西約30km、北ホラント州の都市アルクマール(Alkmaar)市街にある広場。この広場では、毎年4~9月の毎週金曜日午前10時から正午まで、特産のエダムチーズを売買するチーズ市(Kaasmarkt)が開かれ、同市を代表するイベントになっている。広場には、チーズの計量所であるワーフ(Waag)があり、伝統的な白い服に赤、黄、青、緑の色とりどりの麦わら帽子をかぶった運搬人がチーズを運び込む光景を見ることができる。ここで計量されたチーズはせりにかけられる。このチーズ運搬人のギルドは17世紀以来今日まで続いていて、こうした光景は17世紀以来のものである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワーフ広場の関連キーワードアムステルダムエダムニューアムステルダムダム広場ムント塔ライツェ広場アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団アムステルダム・バロック管弦楽団アムステルダム・フィルハーモニー管弦楽団アムステルダムマラソン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone