光景(読み)コウケイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐けい〔クワウ‐〕【光景】

目前に広がる景色。眺め。「白銀にかがやく峰々の光景
ある場面の具体的なありさま。情景。「惨憺(さんたん)たる光景
日のひかり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうけい【光景】

目に映る景色や物事のありさま。 「ほほえましい-」
日のひかり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐けい クヮウ‥【光景】

〘名〙
① ひかり。日のひかり。
※田氏家集(892頃)上・惜春命飲「光景在人車転轂、栄華住世水成書」 〔釈名‐釈天〕
② 目にみえる景色。また、事件などの具体的な場面の有様。現在では多く人を感動させたり、刺激したりする情景をいう。
※翁問答(1650)上「衆生にをしへしめさんために、むかしの聖人、その光景(クヮウケイ)をかたどりて」
※抒情詩(1897)わが影〈田山花袋〉序「今の新体詩壇の極めて荒涼たる光景を呈したるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光景の関連情報