コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴルフパターン Wulff's pattern

1件 の用語解説(ヴルフパターンの意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ヴルフパターン【Wulff's pattern】

結晶の平衡形は,結晶の体積を一定にしたままで,全表面エネルギーが最小となるような形となる.液体ならば球になるわけであるが,結晶の場合にはそれぞれの面の単位面積当たりの表面自由エネルギー γi は面の方位ごとに異なる.したがって結晶の平衡形は γi の低い面で囲まれた多面体となるはずである.ヴルフはそこで結晶内の一点O(ヴルフ点という)から各結晶表面までの垂直距離を hi とし,その面の表面エネルギーを γi としたとき

のような関係式を満たすことで平衡形が定まることを示した.表面エネルギーの違法性が既知であればこの式を満足するように γ の極図形を描くことができる.これが「ヴルフパターン」と呼ばれる

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヴルフパターンの関連キーワード気体温度計結晶学結晶面結晶質ワイセンベルグカメラ核の成長結晶蜂蜜ノイマンの原理ラウエ図形

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone