コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴルフパターン Wulff's pattern

1件 の用語解説(ヴルフパターンの意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ヴルフパターン【Wulff's pattern】

結晶の平衡形は,結晶の体積を一定にしたままで,全表面エネルギーが最小となるような形となる.液体ならば球になるわけであるが,結晶の場合にはそれぞれの面の単位面積当たりの表面自由エネルギー γi は面の方位ごとに異なる.したがって結晶の平衡形は γi の低い面で囲まれた多面体となるはずである.ヴルフはそこで結晶内の一点O(ヴルフ点という)から各結晶表面までの垂直距離を hi とし,その面の表面エネルギーを γi としたとき

のような関係式を満たすことで平衡形が定まることを示した.表面エネルギーの違法性が既知であればこの式を満足するように γ の極図形を描くことができる.これが「ヴルフパターン」と呼ばれる

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone