一乗院宮真敬法親王(読み)しんけい ほっしんのう

美術人名辞典の解説

一乗院宮真敬法親王

後水尾天皇の第十六皇子。俗名は常淳・富宮、字は正覚。奈良興福寺・京都清水寺の別当に補される。黄檗隠元・高泉・月潭と交流が深かった。狩野常信に学び山水・人物を能くし、後水尾天皇文智女王の御画像・自画像等を残した。また書・詩文にも巧みであった。宝永3年(1706)薨去、58才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

367日誕生日大事典の解説

一乗院宮真敬法親王 (いちじょういんのみやしんけいほうしんのう)

生年月日:1649年4月24日
江戸時代前期;中期の法相宗の僧
1706年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android