コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一乗院宮真敬法親王 しんけい ほっしんのう

1件 の用語解説(一乗院宮真敬法親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

一乗院宮真敬法親王

後水尾天皇の第十六皇子。俗名は常淳・富宮、字は正覚。奈良興福寺・京都清水寺の別当に補される。黄檗隠元・高泉・月潭と交流が深かった。狩野常信に学び山水・人物を能くし、後水尾天皇文智女王の御画像・自画像等を残した。また書・詩文にも巧みであった。宝永3年(1706)薨去、58才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone