コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一人過ぎ/独り過ぎ ヒトリスギ

デジタル大辞泉の解説

ひとり‐すぎ【一人過ぎ/独り過ぎ】

結婚せずに、独身で暮らすこと。また、その人。
「―程、世にかなしきものはなし」〈浮・諸国ばなし・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとりすぎ【一人過ぎ】

ひとりだけで生計をたてること。ひとりぐらし。 「縁遠き女、又は四十におよび-の嚊かか/浮世草子・一代男 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一人過ぎ/独り過ぎの関連キーワード浮世草子

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android