コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西鶴諸国ばなし サイカクショコクバナシ

デジタル大辞泉の解説

さいかくしょこくばなし【西鶴諸国ばなし】

浮世草子。5巻。井原西鶴作。貞享2年(1685)刊。諸国の怪奇談など35話を集めたもの。近年諸国咄大下馬(おおげば)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西鶴諸国ばなし
さいかくしょこくばなし

井原西鶴の浮世草子。1685年(貞享2)1月、大坂・池田屋三郎右衛門より刊行。5巻5冊。自序に、「世間の広き事国々を見めぐりてはなしの種を求め」たとあるように、諸国の珍譚(ちんたん)奇譚を集め、「人はばけもの世にない物はなし」との感慨を込めた新時代の説話35編よりなる。『酉陽雑俎(ゆうようざっそ)続集』(唐の段成式編)による巻2の4や、『剪灯新話(せんとうしんわ)』(明(みん)の瞿佑(くゆう)編)の『牡丹(ぼたん)燈記』を翻案した浅井了意(りょうい)の『伽婢子(おとぎぼうこ)』(1666刊)を受ける巻3の4のような怪異譚のほかに、巻2の2は紀州藩主徳川頼宣(よりのぶ)の逸話を扱い、巻1の3や巻4の2などは転変たる人間の運命を描いて優れた短編小説となっている。広く一般の読者を意識して商業作家としてたとうとした西鶴の姿を示す注目すべき作品である。[浅野 晃]
『宗政五十緒他校注・訳『日本古典文学全集39 井原西鶴集 2』(1973・小学館) ▽麻生磯次・冨士昭雄訳注『対訳西鶴全集5 西鶴諸國ばなし・懷硯』(1983・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西鶴諸国ばなしの関連キーワード怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)井原西鶴(年譜)麻生磯次酉陽雑俎

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android