一円一元説(読み)イチエンイチゲンセツ

デジタル大辞泉「一円一元説」の解説

いちえんいちげん‐せつ〔イチヱンイチゲン‐〕【一円一元説】

二宮尊徳の世界観の根本思想。すべての事物は一つの根源から発生し、分化・発展して現在の無数の姿になっているという考え方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「一円一元説」の解説

いちえんいちげん‐せつ イチヱン‥【一円一元説】

〘名〙 二宮尊徳の根本思想。すべての事物はその起源を一つにし、その一つの根源から百般の事物が分化発展したとする

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android