一助(読み)イチジョ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 少しの助け。何かの足し。
※洒落本・迷処邪正按内拾穂抄(1758)序「此書下かかりに便(たより)、色情の得手物(ゑてもの)によそへ、実不実の味ひを弁(わきま)へば、慎(つつしみ)の一助(イチジョ)
※新聞雑誌‐九号・明治四年(1871)八月「夫(おっと)と申合せ暮し方の一助(ジョ)にもせんとて」 〔史記‐留侯世家〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一助の関連情報