得手物(読み)えてもの

精選版 日本国語大辞典「得手物」の解説

えて‐もの【得手物】

※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)中「殿はな、小鼓の、や、ゑてもの」
滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)八「女中がたをころころと、おもしろがらせることがゑてものでござりやす」
黄表紙莫切自根金生木(1785)中「なんだか、いや味ながさすぜへ。またゑてものではねへか」
[補注]②の挙例中の「ゑてもの」は金の

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「得手物」の解説

えて‐もの【得手物】

得手1」に同じ。
「―の片足立ちや小田の雁」〈おらが春
得手3」に同じ。
「―にいい日だのうとぶらり来る」〈柳多留拾遺・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android