コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一方向凝固共晶合金 いちほうこうぎょうこきょうしょうごうきん unidirectionally solidified eutectic alloy

1件 の用語解説(一方向凝固共晶合金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一方向凝固共晶合金
いちほうこうぎょうこきょうしょうごうきん
unidirectionally solidified eutectic alloy

結晶制御合金ともいう。通常の凝固はいろいろな方向への熱の散逸によって起こされる。これに対し,熱流の散逸方向を一方向に限定して,一定割合で合金元素が同時に晶出した混合物 (共晶) を凝固させたのが一方向凝固共晶合金である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一方向凝固共晶合金の関連キーワード凝固凝固点降下凝固因子ずきんもいろいろ そうじもいろいろ凝固剤坑凝固薬煮沸凝固試験氷結晶クラストポーフィロイド04年参院選