コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一方向凝固共晶合金 いちほうこうぎょうこきょうしょうごうきんunidirectionally solidified eutectic alloy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一方向凝固共晶合金
いちほうこうぎょうこきょうしょうごうきん
unidirectionally solidified eutectic alloy

結晶制御合金ともいう。通常の凝固はいろいろな方向への熱の散逸によって起こされる。これに対し,熱流の散逸方向を一方向に限定して,一定割合で合金元素が同時に晶出した混合物 (共晶) を凝固させたのが一方向凝固共晶合金である。高強度合金が凝固に際し,棒状,層状あるいは繊維状に含まれた組織 (一種の複合材料) になることを利用して,高温の機械的性質 (引張破断応力,引張延性クリープ破断応力,熱疲労寿命) の改善が図られる。たとえば,ニッケル-炭化タンタル合金やコバルト-炭化タンタル合金では,炭化タンタルの繊維状組織を補強に利用している。応用としては,タービン翼などの高温度での構造材料がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

一方向凝固共晶合金の関連キーワード超耐熱合金

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android