コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一本背負い いっぽんぜおい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一本背負い
いっぽんぜおい

相撲の決まり手の一つ。相手の左 (右) 二の腕へ自分の二の腕を下内からひっかけ,右 (左) 手首をつかみ,身を沈めて肩越しに前へ投げる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっぽん‐ぜおい〔‐ぜおひ〕【一本背負い】

柔道・相撲で、相手の片手をつかんでにかつぎ、背負うようにして前に投げる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぽんぜおい【一本背負い】

相撲の決まり手の一。また、柔道の背負い投げの一。相手の片腕をつかんで、体を背負って投げる技。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一本背負いの関連キーワードパベル ナストラ背負い投げ決り手片腕柔道

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一本背負いの関連情報