一栄一落(読み)イチエイイチラク

大辞林 第三版の解説

いちえいいちらく【一栄一落】

草木が春には花が咲き、秋には落葉するように、ある時には栄え、ある時には衰えること。 「 -目のあたりなるうき世とて/謡曲・二人静」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちえい‐いちらく【一栄一落】

〘名〙 (草木が春には花が咲き、秋には葉が落ちるところから) 人の世の、一度栄えたかと思うと、すぐ衰えること。世の栄枯盛衰の激しさをいう。
※菅家後集(903頃)明石駅亭口詩「駅長莫驚時変改 一栄一落是春秋」
※車屋本謡曲・二人静(1464頃)「まことに、一栄一落、まのあたりなる憂世とて、又この山を落ちてゆく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android