コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二人静 フタリシズカ

5件 の用語解説(二人静の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふたり‐しずか〔‐しづか〕【二人静】

センリョウ科の多年草。山地の林下に生え、高さ約30センチ。茎の上部に葉が二対対生し、十字状をなす。4、5月ごろ、葉の間から花穂を2または3本出し、白い小花を多数つける。実は緑色で球形。さおとめばな。つきねぐさ。 春》
[補説]曲名別項。→二人静

ふたりしずか【二人静】[謡曲]

謡曲。三番目物宝生以外の各流。義経記などに取材。静御前の霊が菜摘み女に乗り移って舞をまい、吉野の勝手明神の神職に回向(えこう)を頼む。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたりしずか【二人静】

センリョウ科の多年草。山中の林下に自生。茎は高さ約40センチメートルで、先端に二対の楕円形の葉を十字形につける。春、茎頂に普通二個、ときに一~五個の花穂を立てて白色の小花をつける。 [季] 春。
能の曲名(別項参照)。

ふたりしずか【二人静】

能の一。三番目物。正月七日、吉野勝手神社の神事で、若菜を摘んで供える菜摘女に静御前の霊がつき、静の舞を舞う。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二人静の関連情報