コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二人静 フタリシズカ

5件 の用語解説(二人静の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふたり‐しずか〔‐しづか〕【二人静】

センリョウ科の多年草。山地の林下に生え、高さ約30センチ。茎の上部に葉が二対対生し、十字状をなす。4、5月ごろ、葉の間から花穂を2または3本出し、白い小花を多数つける。実は緑色で球形。さおとめばな。つきねぐさ。 春》
[補説]曲名別項。→二人静

ふたりしずか【二人静】[謡曲]

謡曲。三番目物宝生以外の各流。義経記などに取材。静御前の霊が菜摘み女に乗り移って舞をまい、吉野の勝手明神の神職に回向(えこう)を頼む。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

二人(ににん)静

愛知県名古屋市、両口屋是清が製造・販売する銘菓。和三盆糖を用いた干菓子。一対の紅白の半球状のものを合わせて球形にしてある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふたりしずか【二人静】

センリョウ科の多年草。山中の林下に自生。茎は高さ約40センチメートルで、先端に二対の楕円形の葉を十字形につける。春、茎頂に普通二個、ときに一~五個の花穂を立てて白色の小花をつける。 [季] 春。
能の曲名(別項参照)。

ふたりしずか【二人静】

能の一。三番目物。正月七日、吉野勝手神社の神事で、若菜を摘んで供える菜摘女に静御前の霊がつき、静の舞を舞う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二人静の関連キーワード自然淘汰兄・夫・背世・施石花せるさしゃん・す─セミック

二人静の関連情報