二人静(読み)フタリシズカ

デジタル大辞泉の解説

ふたり‐しずか〔‐しづか〕【二人静】

センリョウ科の多年草。山地の林下に生え、高さ約30センチ。茎の上部に葉が二対対生し、十字状をなす。4、5月ごろ、葉の間から花穂を2または3本出し、白い小花を多数つける。実は緑色で球形。さおとめばな。つきねぐさ。 春》
[補説]曲名別項。→二人静

ふたりしずか【二人静】[謡曲]

謡曲。三番目物宝生以外の各流。義経記などに取材。静御前の霊が菜摘み女に乗り移って舞をまい、吉野勝手明神神職回向(えこう)を頼む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたりしずか【二人静】

センリョウ科の多年草。山中の林下に自生。茎は高さ約40センチメートルで、先端に二対の楕円形の葉を十字形につける。春、茎頂に普通二個、ときに一~五個の花穂を立てて白色の小花をつける。 [季] 春。
能の曲名(別項参照)。

ふたりしずか【二人静】

能の一。三番目物。正月七日、吉野勝手神社の神事で、若菜を摘んで供える菜摘女に静御前の霊がつき、静の舞を舞う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふたり‐しずか ‥しづか【二人静】

[1] 〘名〙 センリョウ科の多年草。高さ三〇~五〇センチメートル。茎の上部の四~六葉は楕円形で長さ七~一五センチメートル。下部の葉は鱗片状に退化。四~六月ごろ花被のない白い小花をまばらにつけた穂を二~三本つける。花被片はない。果実は倒卵形で緑色。ヒトリシズカに似ているが二本の花穂を出すことからこの名がある。漢名、及己。さおとめばな。つきぬぐさ。《季・春》 〔物品識名(1809)〕
[2] 謡曲。三番目物。観世金春・金剛・喜多流。作者不詳。吉野勝手明神の神職が女を菜摘(なつみ)川へやると、一人の女が現われ、供養をしてくれと頼む。女がこれを神職に伝えるうちに女に静御前の霊が乗り移り、宝蔵に納めた衣装を出させて舞い始める。すると全く同じ姿をした静の霊が現われて、義経がこの山に落ちのびた時の様子をともに語り舞う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二人静の関連情報