コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二人静 フタリシズカ

デジタル大辞泉の解説

ふたり‐しずか〔‐しづか〕【二人静】

センリョウ科の多年草。山地の林下に生え、高さ約30センチ。茎の上部に葉が二対対生し、十字状をなす。4、5月ごろ、葉の間から花穂を2または3本出し、白い小花を多数つける。実は緑色で球形。さおとめばな。つきねぐさ。 春》
[補説]曲名別項。→二人静

ふたりしずか【二人静】[謡曲]

謡曲。三番目物宝生以外の各流。義経記などに取材。静御前の霊が菜摘み女に乗り移って舞をまい、吉野勝手明神神職回向(えこう)を頼む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

二人(ににん)静

愛知県名古屋市、両口屋是清が製造・販売する銘菓和三盆糖を用いた干菓子一対の紅白の半球状のものを合わせて球形にしてある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふたりしずか【二人静】

センリョウ科の多年草。山中の林下に自生。茎は高さ約40センチメートルで、先端に二対の楕円形の葉を十字形につける。春、茎頂に普通二個、ときに一~五個の花穂を立てて白色の小花をつける。 [季] 春。
能の曲名(別項参照)。

ふたりしずか【二人静】

能の一。三番目物。正月七日、吉野勝手神社の神事で、若菜を摘んで供える菜摘女に静御前の霊がつき、静の舞を舞う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

二人静 (フタリシズカ)

学名:Chloranthus serratus
植物。センリョウ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

二人静の関連キーワード杵屋勘五郎(6世)二人静(菓子)愛知県名古屋市フタリシズカ橋本 永邦本郷 秀雄みずき舞一栄一落名物裂楕円形謡曲東薫二人白色自生仕舞ツレ山中双面神事

二人静の関連情報