コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一次再結晶作用 いちじさいけっしょうさようprimary recrystallization

岩石学辞典の解説

一次再結晶作用

固体の岩石中の結晶を,融点近くの温度で加熱すると,岩石に加えられていた歪が解消され古い結晶を置き換えて歪のない新しい結晶が形成され組織が変化する.これを一次再結晶と呼ぶ.さらに高温では異常に大きな結晶粒が発生することがあり,これを二次再結晶という.いずれも融点以下の温度で行われる.フォークは歪再結晶作用(strain recrystallization)の語の方が適当としている[Folk : 1965].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

一次再結晶作用の関連キーワード二次再結晶作用粒度減少

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android