一目十行(読み)イチモクジュウギョウ

  • いちもくじゅうぎょう ‥ジフギャウ
  • いちもくじゅうぎょう〔ジフギヤウ〕

とっさの日本語便利帳の解説

ひと目で一〇行ずつの読書ができること。読書家であるとともに聡明であることに用いられる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

北斉書 河南王孝瑜伝
ひと目で一〇行の文字を読むこと。読書力の優れていること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 一目で一〇行も読み下すこと。書物を速く読む力のすぐれていること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

一目で十行も読み下すこと。読書の速度がはやいこと。

[解説] 中国梁の簡文帝が読書の際にいっぺんに十行読み下したという故事から。「十行ともに下る」ともいいます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android