コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一縮 イッシュク

デジタル大辞泉の解説

いっ‐しゅく【一縮】

鎧(よろい)や武具に身をかためること。また、その鎧や武具。転じて、鎧や武具をつけた武者。
「只一人鎧―して」〈太平記・二六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっしゅく【一縮】

( 名 ) スル
一揃そろいの甲冑かつちゆう。 〔日葡〕
一揃いの甲冑を着ること。また、着た武者。 「只一人鎧-して/太平記 26

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一縮の関連キーワード五万分の一地図フォトマップ偏位修正写真図いせる

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一縮の関連情報