コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁子頭 チョウジガシラ

デジタル大辞泉の解説

ちょうじ‐がしら〔チヤウジ‐〕【丁子頭】

灯心の燃えさしの頭にできる、チョウジの実のような丸いかたまり。俗に、これを油の中に入れると貨財を得るといわれる。ちょうじあたま。ちょうじばな。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうじがしら【丁子頭】

〔丁子の実に似ているところから〕
灯心のもえさしの先がかたまりになったもの。俗にこれが油の中に入ると財貨を得る吉兆であるといわれた。ちょうじあたま。丁子花。 「昨夜の-を喜び、今朝の愁鵲からすなきを気にやむたぐひ/滑稽本・浮世床 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

丁子頭の関連キーワード丁子・丁字勾玉/曲玉灯花・燈花滑稽本丁子

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丁子頭の関連情報