灯心(読み)とうしん

精選版 日本国語大辞典「灯心」の解説

とう‐しん【灯心】

〘名〙
① あんどん・ランプなどの心(しん)灯油にひたして火をともすのに用いる細い紐状のもの。多く細藺(ほそい)のなかごの白くて軽い髄や綿糸などを用いる。とうしみ。とうすみ。(とうしゅ)。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※太平記(14C後)五「御手づから百二十筋の燈心(トウシン)を束ね」 〔物類相感志‐雑著〕
② 一種の堕胎薬。①に灰をひたして飲むと妊娠中絶ができると信じられた。
※雑俳・柳多留‐六(1771)「とうしんをたれに聞いたか嫁はのみ」

とう‐すみ【灯心】

〘名〙
① (「とうしみ」の変化した語) =とうしん(灯心)〔頓要集(14C後‐15C前)〕
② 藺(い)の茎の髄の称。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
③ 「とうすみとんぼ(灯心蜻蛉)」の略。《季・夏》
母子草(1949)〈富安風生〉「とうすみはとぶよりとまること多き」

とう‐しみ【灯心】

〘名〙 (「とうじみ」とも) =とうしん(灯心)〔十巻本和名抄(934頃)〕
徒然草(1331頃)二二一「祭の日の放免のつけ物に、ことやうなるの布四五反にて馬をつくりて、尾にはとうじみをして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「灯心」の解説

灯心
とうしん

灯火の芯。灯火には初めは油を含ませたものを燃やしたが,のちに灯心を利用することが発明された。麻や綿の布を細かく裂いたものや糸を束ね,毛管現象を応用して油をしみこませて,その先端に点火する。また藺草 (いぐさ) を蒸し,そのなかごを取出して灯心に用いることもあり,このために藺草を灯心草ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「灯心」の解説

とう‐しん【灯心/灯芯】

行灯あんどん・ランプなどの芯。灯油に浸して火をともすひも状のもの。綿糸などをり合わせて作る。

とう‐しみ【灯心】

《「とうじみ」とも》「とうしん(灯心)」に同じ。
「髪は―を戴きたるやうにて」〈今昔・二九・二六〉

とう‐すみ【灯心】

《「とうしみ」の音変化》「とうしん(灯心)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の灯心の言及

【イグサ(藺草)】より

…イとも呼び,茎を畳表や花むしろの材料とするために栽培もするイグサ科の多年草(イラスト)。茎の髄を灯心として利用したところからトウシンソウの名もある。
[形状]
 1株に多数の細い茎が立つ。…

※「灯心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android