三条(読み)さんじょう

精選版 日本国語大辞典「三条」の解説

さんじょう サンデウ【三条】

[一] 新潟県中部の地名。信濃川が支流五十嵐川と合流する地点にある河川交通の要地。元祿年間(一六八八‐一七〇四)から鎌(かま)の製造が始まり、のち刃物、くぎ、大工道具を加えて発展した金物の町。法華宗総本山本成寺がある。昭和九年(一九三四)市制。
[二] 平安京三条大路をいう。また、その沿道の地域名。
[三] 平城京三条大路をいう。また、その沿道の地域名。
[四] 京都市の市街を東西に走る通りの一つ。ほぼ(二)にあたる。

さんじょう サンデウ【三条】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三条」の解説

さんじょう【三条】[地名]

新潟県中部の市。江戸時代から金物の製造が盛ん。法華宗総本山本成寺がある。平成17年(2005)5月、下田村、町と合併。人口10.2万(2010)。
平安京の条坊の一。また、東西に通じる大路の名。三条大路。
三条通り

さんじょう【三条】[姓氏]

姓氏の一。藤原北家閑院流。七清華(せいが)家の一。藤原実行を祖とし、邸宅が京都三条北にあったことから称した。
[補説]「三条」姓の人物
三条実万(さんじょうさねつむ)
三条実美(さんじょうさねとみ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android