丁字戦法(読み)ていじせんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「丁字戦法」の解説

丁字戦法
ていじせんぽう

日本海海戦で用いられた旧日本海軍の戦法縦陣で進む艦隊の頭を味方艦隊が縦陣で横切りつつ敵艦隊を射撃する戦法。味方が舷側砲火によって多くの火砲をもって敵の先頭に集中攻撃しうるのに対し,敵は少数の砲でしか射撃できない。丁字を描くことから,こう呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android