戦法(読み)センポウ

世界大百科事典 第2版の解説

せんぽう【戦法】

〈戦法〉の語は古くからあり,一般には〈たたかい,戦争の方法〉〈戦闘,競技,勝負事などのやり方〉〈戦術〉という意味で使用されるが,旧日本軍の軍用語としては海軍で多用された。荻生徂徠の《鈐録(けんろく)》(1855)や《幕僚参謀服務綱領》(1873)に〈戦略〉の語とともに〈戦法〉の語が使用されているが,旧日本陸軍では,そののち西洋兵学の流入にともない,strategy,Strategie,stratégieおよびtactics,Taktik,tactiqueの訳語として〈戦略〉〈戦術〉の語が兵術用語として定着し,〈戦法〉の語は明治中期以降〈戦術〉とほぼ同義,あるいは〈戦術〉から行軍宿営等にかかわる分野を除いた〈戦闘法〉の意味で慣用されてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐ぽう ‥パフ【戦法】

〘名〙 いくさのしかた。戦争で、敵とわたりあうための方法。また、勝負事、競争、試合などでの対処のしかた。戦術。
※随筆・配所残筆(1675)「政道兵法軍法陣法営法築城等戦法有之」
※上海(1928‐31)〈横光利一〉七「彼はその敵材を圧迫する戦法を考へた」 〔周礼注‐夏官・大司馬〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

戦法の関連情報