コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火砲 カホウ

5件 の用語解説(火砲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐ほう〔クワハウ〕【火砲】

大砲など、比較的口径の大きい火器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

火砲【かほう】

大砲小銃など火薬の力で弾丸を飛ばす武器の総称。大砲だけをさしていうこともある。
→関連項目曲射砲重砲擲弾銃武器兵器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かほう【火砲】

大砲などの重火器。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火砲
かほう

大砲」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火砲
かほう

口径20ミリ以上の砲身で火薬を使用して弾丸を発射する火器。野戦砲または野砲ともいう。第二次世界大戦までは火力の主力として使用され、加農砲(カノン砲)、榴弾砲(りゅうだんほう)、臼砲(きゅうほう)、迫撃砲、戦車砲、対戦車砲、高射砲、機関砲など数多くの砲種が使用されてきた。第二次世界大戦後には精密誘導ミサイルやロケット砲といった高性能な火器が発達して大口径の火砲は姿を消している。現在、火砲は弾丸の弾道形状を基本として分類されることが一般的であり、加農砲(gun)、榴弾砲(howitzer)、迫撃砲(mortar)、高射砲(anti-aircraft)および無反動砲(recoilless rifle)に分類される。[村井友秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の火砲の言及

【大砲】より

…火砲ともいう。一端を閉じた管の中で火薬(発射薬)を爆発させ,発生するガスの力で弾丸を発射する火器のうち,大型の火器を総称していう。…

【武器】より

…このほか,飛道具の改良型として,火箭と呼ばれる,矢の先に火を燃やして射かけ,相手側の陣営,倉庫,舟などを燃やすものがあった。さらに,文献に火砲という名が見えるが,実物が現存しない。おそらく宋代ではすでに火薬が使用されているので,火薬を玉状にして紙などでつつんで打上げ花火の玉のようにしたものを相手側に打ちこみ,この火薬が敵陣で発火したり破裂するようくふうされていたらしい。…

※「火砲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

火砲の関連キーワード火技火戦筒音どかん発砲ライフル海岸砲チメンリッキ城明星 大砲ラーメン 昔ラーメン大砲王

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火砲の関連情報