七星公園(読み)しちせいこうえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

しちせいこうえん【七星公園】

中国の広西チワン族自治区、桂林(けいりん)(コイリン)市を流れる漓江(りこう)(リージャン)東岸にある、同市最大の公園。園内にある4つのを持つ普陀山、3つの峰の月歯山、合計7つの峰の並び方が北斗七星に似ていることから「七星公園」と名づけられた。パンダのいる動物園や、ラクダの形をした奇岩(駱駝山)、1540年建造の花橋や、鍾乳洞の七星岩など見どころが多い。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android