コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂林 ケイリン

百科事典マイペディアの解説

桂林【けいりん】

中国,広西チワン族自治区北東部の都市。旧省都。湘桂鉄路(衡陽友誼関)に沿い,付近一帯の農産物を集散するとともに湖南省南部とも密接な連絡を有し,近年著しく商工業が盛んとなった。
→関連項目平楽

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいりん【桂林 Guì líng】

中国広西チワン(壮)族自治区北東部の都市。西江の支流である桂江上流域にあり,湘桂鉄道(衡陽~友誼関)が通る。人口55万(1994)。桂林地区の8県,2自治県を管轄する。秦代に桂林郡,漢代に始安県が置かれ,唐代に臨桂県と改められた。明・清代には桂林府の治所であった。1940年,臨桂県から分離して桂林市が置かれた。もと広西省の省都(現,南寧)であり,古来,中原から嶺南へ行くにも,逆に嶺南地方から中原に北上するにも必ず通らねばならない要衝の地で,非常に古い歴史都市である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいりん【桂林】

カツラの林。また、美しい林のたとえ。
文人の仲間。

けいりん【桂林】

中国、広西チワン族自治区の北東部にある観光都市。紙・茶などの集散が盛ん。石灰岩地帯独特の奇峰に富む南画的な景勝の地として有名。コイリン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桂林
けいりん / コイリン

中国南部、広西(こうせい/カンシー)チワン族自治区北東部の地区級市。陽朔(ようさく/ヤンシュオ)、臨桂(りんけい)など10県および2自治県を管轄する。珠江(しゅこう/チューチヤン)水系に属する桂江(けいこう/コイチヤン)上流の(りこう)に沿う観光都市として知られる。人口482万0051、市轄区人口64万2970(2000)。長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン))水系と珠江水系を結ぶ霊渠(れいきょ)運河の南の要地として開け、かつては広西省の政治、文化の中心地で、軍事上の重要地点でもあった。現在は湘桂(しょうけい)鉄道が通じ、広西チワン族自治区の北東の入口となっている。米、綿花、絹などの集散地で、近年は鉄鋼、紡織、化学肥料、電機などの工業が発達している。古くから「桂林の山水は天下に冠たり」とたたえられた絶景の地で、自治区第一の観光地であり、外国人の観光客も多い。市内および市周辺を囲むように石灰岩地域特有の孤峰が林立し、鍾乳洞(しょうにゅうどう)も発達、世界に類のない奇観を呈する。市の中心部には独秀峰、その北に対峙(たいじ)して畳彩(じょうさい)山がそびえ、それらの山頂からは眼下に(ふくは)山、江を隔てて七星山、月牙(げつが)山、屏風(びょうぶ)山、江の下流に象鼻(ぞうび)山などが一望のもとに望まれる。ほかに蘆笛(ろてき)岩の鍾乳洞、江下りなども有名である。[青木千枝子・河野通博]
『久保田博二著『久保田博二写真集 桂林夢幻』(1982・岩波書店) ▽中国人民美術出版社編『中国カラー文庫4 桂林の旅』(1981・美乃美)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の桂林の言及

【桂】より

…唐・宋以後,江南の開発にともない,桂はこの地方に多いモクセイを指す場合が多くなる。桂林,桂陽の地名もモクセイにちなむ。【梅原 郁】。…

※「桂林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桂林の関連キーワード桂林の一枝,崑山の片玉シヤンクイ(湘桂)鉄道大分県日田市城町月の桂を折る山田 麗眺子桂林の一枝祐助法親王嶺外代答高巌理柏一色直朝桂林徳昌新穂遺跡龐勛の乱東山魁夷桂川甫粲ハロン湾七星公園上田槐堂三縄桂林桂を折る

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桂林の関連情報