コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七言排律 シチゴンハイリツ

デジタル大辞泉の解説

しちごん‐はいりつ【七言排律】

漢詩で、七言の句からなる排律

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しちごんはいりつ【七言排律】

漢詩の一体。七言律詩と区別して、一〇句以上のものをいう。 → 排律

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の七言排律の言及

【七言詩】より

…なおほかに,七言古詩に含まれるが,初唐に盛行し,長編で叙事的性格をもあわせもった七言の作品,たとえば盧照鄰の〈長安古意〉,駱賓王の〈帝京篇〉などの作品を,楽府の〈歌行〉が音楽演奏を伴うのを原則とするのと区別するため,〈七言歌行〉と呼ぶことがある。また10句以上の律詩は〈七言排律〉と呼びうるが,杜甫に4首あるほかはほとんど類例を見ない。律詩は8句,絶句は4句より成り,平仄に規定があって,同じ韻をふむ必要があり(一韻到底という),律詩は詩中で対句を用いることが要求されるが,古詩は句数(奇数句も可能),平仄に規定がなく,押韻も途中で換韻が可能である。…

※「七言排律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

七言排律の関連キーワード七言律詩漢詩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android