七重(読み)シチジュウ

  • しちじゅう ‥ヂュウ
  • しちじゅう〔ヂユウ〕
  • ななえ ‥へ
  • ななえ〔へ〕

デジタル大辞泉の解説

七つかさなっていること。ななえ。「七重の塔」
七つ重ねること。また、たくさんのものを重ねること。多くの重なり。しちじゅう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 七つかさなっていること。また、そのもの。ななえ。
※宝物集(1179頃)「天には七重のあみあり」
〘名〙 七つかさなること。また、そのもの。転じて、多くのかさなり。しちじゅう。
※書紀(720)雄略即位前・歌謡「臣の子は 栲の袴を 那那陛(ナナヘ)をし 庭に立たして 足結撫だすも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七重の関連情報