コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万石通し/万石簁 マンゴクドオシ

2件 の用語解説(万石通し/万石簁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まんごく‐どおし〔‐どほし〕【万石通し/万石×簁】

千石通(せんごくどお)しのふるいの目を細かにした農具。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

万石通し【まんごくどおし】

万石とも。もみすり後の玄米ともみ殻を選別する農具。上部にある漏斗(ろうと)からもみ殻の混じった玄米を傾斜させた数枚の金網の上に流下させると,玄米だけが網面から落下するので,これを数回繰り返して選別する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の万石通し/万石簁の言及

【万石】より

…万石通し,千石通しなどいろいろの呼び名がある。もみすりしたあと,玄米とそれに混ざっているまだもみすりされていないもみとを選別する日本独特の農具で,元禄(1688‐1704)のころ発明された。…

※「万石通し/万石簁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone